多肉植物のポット 〜可愛い植木鉢

多肉植物は肉厚な茎や葉に水を貯めることができる植物です。

ぷっくりとした見た目と個性的な色合いが魅力です。

乾燥した環境でも生きられるように、水分を蓄える機能があります。

そのため、水のやり過ぎには注意です。

水やりのタイミングは難しいですよね。

表面が乾いたと思っても、意外と中は湿っています。

そこで、フェルト生地の植木鉢(ポット)に植えてみたらどーだろ!と思いつきました。

フェルトは、羊毛などの動物の毛を圧縮して織らずに布状(シート状)に加工したものです。

フェルトは織物ではなく、細い繊維を固めているものなので、切りっぱなしでも、ほつれにくいです。

自宅にあったフェルトで作ってみました。

フェルトは、ほつれにくいので作りやすいです。

今回はミシンは使わず、ボンドで貼り付けました。

フェルトは保温性も高いようです。通気性や水はけも良さそうですよね!

フェルトポット(植木鉢)の中に直接、土を入れました。水やりもしてみました。

底の部分からジュワ〜っと水が出てきました。

水不足にしてしまっていたので、少し弱ってます。復活してくれるといいな〜

これから少しづつ暖かくなってくるので、水やりの頻度を上げていこうと思います。

フェルトポットでしばらく観察してみようと思います。

↓ 多肉植物が好きな方は、ぜひポチッとお願いします😍 ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
多肉植物DIY・ハンドメイド